今なぜ?IT学習が必要なのか?

間違いなく世の中は変わろうとしている。人間の存在を揺るがす便利な世の中になっていく。
近い将来予想されること人工知能の発展段階とともにを挙げてみたい。

人工知能の発展段階は以下の通り

1 人間のプログラムによって、プログラム内で機能を果たすし、優秀に見える人工知能(?)の段階

・便利な機械が発明される

・スマホの機能(SiriやCortana)がもっと発展して、パーソナルAIになっている

・事務的な仕事がコンピューターのアプリによって行われるようになり、一部の仕事で人間が必要なくなる。

・人間のする新しい仕事がふえるとも言われているが、今のところ想像できない。

2 機械の得意をする高速性により、計算を中心とする一部の分野において人間を超える人工知能の段階

・ゲームの世界では人間は機械に勝てなくなる

・個人の好みや体の状態を毎日チェックするようになる

・自動運転や計測し、きまった作業をするようなの仕事は機械やロボットがやるようになる

・ロボットの開発が盛んになる

・警備ロボットが使われ、世の中が安全になる

・医療ロボットなどが開発され、緊急医療や介護などが楽になる

3 機械自体が思考し、より良い結果を求める

・人間の求める欲望に応じて、最良の結果を出すことができるように思考するようになる。

・機械を利用して人間の判断もなされるようになり、ほとんどの人間の仕事はなくなる。

・人間のやることは機械の苦手分野であるスポーツや芸術、文学、何もしないことに生きがいを見つける

・予想)戦争などに利用され、人工知能技術が高い国が実質世界を支配するとかもしれない

・予想)国という枠組みがなくなり、世界規模の会社が生活の安定(福祉)やサービスを提供するようになる

 

4 新しく作られた機械が元の機械より賢くなり、人知の及ぶところではなくなる(シンギュラリティー)

・なにがおこるかわらない。

・人工知能のやることを理解することはできなくなる。

・人間の精神を機械の記憶装置に入れることにより、精神的に死ななくなるかもしれない。

人工知能が人類を滅ぼすかもしれない。

 

予想・推測が多分に入っているが、いずれ必ずやってくることだと思われる。

われわれは今なにをすべきだろうか?

私が考えでは、今後どうなるにせよ 自分の生き方をしたい。そして未来の人間たちにバトンを渡していきたい。そのためには、今の常識を超え、未来の常識を予想し、機械を活用してと共生する覚悟がひつようである。

したがって、ITを学び、AIを知り、将来のために学習しておきたい。