「スポーツ大会 決勝戦のとき」

      日本人小学校4年生 石崎由奈

   「位置について。よーい。バン。」
ピストルの音がなりました。
「がんばれー。」
みんなが必死におうえんしています。わたしも負けず、おうえんしました。
 私たちのクラスは、最初は一位でした。ところが、四番目の女の子が、バトンを落としてしまったのです。それで二位、三位、四位の子にぬかされ、四位になってしまいました。みんなががんばりました。けれど、一位との差はすごくあったのです。大きな声でおうえんしていると、わたしの番が来ました。わたしは必死に走り、1人だけぬかすことが出来ました。その後、二十八番の子が2人ぬかし、一位になりました。
「やったー。」
とわたしは友達とよろこびました。けれど、また二人にぬかされ、三位になってしまいました。しかし、三十番の女の子がぬかしてまた一位になりました。
「やったー。」
「わーい。」
「イェーイ。」
みんながよろこびました。
わたしも友達と声を上げてよろこびました。それから、どんどん二位とさをつけ、ゴールすることが出来ました。みんなすごくよろこびました。
 こうして、トロフィーと賞をもらうことが出来ました。わたしは一位を取れたのはみんな、あることをしたからだと思います。それは、自分のクラスが出ていなくてもおうえんすることです。わたしのクラスのある女の子が、
「たい度は、結果に出る。」
と言ったので、勝ったとしても、敗北戦でも、ほかのクラスが出てる予選でも、みんなおうえんしました。まけてしまったクラスは、敗北戦でもおうえんせずに、草をいじったり、友達と話したりしてたから負けたんだと思いました。二学期のスポーツ大会でも、たとえ勝っても負けてもおうえんしようと思います。二学期のスポーツ大会、一位を目指して練習したいと思います。


講評:
クラスのみんなで一喜一憂しながらリレーを応援する様子がとても鮮やかに表現されています。
その場のドキドキが読む人にもよく伝わってきますね。
スポーツ大会の結果について、自分の考えがしっかり書けているのもとてもいいです。
次の作品も楽しみにしていますよ。(東樹)

「スポーツ大会 決勝戦のとき」

   日本人小学校4年生 石崎由奈

   「位置について。よーい。バン。」
ピストルの音がなりました。
「がんばれー。」
みんなが必死におうえんしています。わたしも負けず、おうえんしました。
 私たちのクラスは、最初は一位でした。ところが、四番目の女の子が、バトンを落としてしまったのです。それで二位、三位、四位の子にぬかされ、四位になってしまいました。みんなががんばりました。けれど、一位との差はすごくあったのです。大きな声でおうえんしていると、わたしの番が来ました。わたしは必死に走り、1人だけぬかすことが出来ました。その後、二十八番の子が2人ぬかし、一位になりました。
「やったー。」
とわたしは友達とよろこびました。けれど、また二人にぬかされ、三位になってしまいました。しかし、三十番の女の子がぬかしてまた一位になりました。
「やったー。」
「わーい。」
「イェーイ。」
みんながよろこびました。
わたしも友達と声を上げてよろこびました。それから、どんどん二位とさをつけ、ゴールすることが出来ました。みんなすごくよろこびました。
 こうして、トロフィーと賞をもらうことが出来ました。わたしは一位を取れたのはみんな、あることをしたからだと思います。それは、自分のクラスが出ていなくてもおうえんすることです。わたしのクラスのある女の子が、
「たい度は、結果に出る。」
と言ったので、勝ったとしても、敗北戦でも、ほかのクラスが出てる予選でも、みんなおうえんしました。まけてしまったクラスは、敗北戦でもおうえんせずに、草をいじったり、友達と話したりしてたから負けたんだと思いました。二学期のスポーツ大会でも、たとえ勝っても負けてもおうえんしようと思います。二学期のスポーツ大会、一位を目指して練習したいと思います。


講評:
クラスのみんなで一喜一憂しながらリレーを応援する様子がとても鮮やかに表現されています。
その場のドキドキが読む人にもよく伝わってきますね。
スポーツ大会の結果について、自分の考えがしっかり書けているのもとてもいいです。
次の作品も楽しみにしていますよ。(東樹)