「校則とは」

                                   

ISB G9 後藤舞衣

 

一年前に転入したタイのインター校で一年間過ごし一番驚いたのは日本の学校との校則の違いだ。日本で通っていた学校では髪が肩より伸びると結び、スカート丈は膝までという規定があり、髪の染色、装飾品を身につけるのは禁止されていた。  それに対し現在通っているインター校では髪を染めている生徒もおり、ピアスやチョーカーなどを身につけている。規則として決められているのはビーチサンダル、鼻のピアスの禁止などである。学校が違うと校則がこのように変わるのだと思った。  では規則とは何だろう。辞書には「規制、人の守るべき準則」とある。争いごとが起きないよう、問題を解決できるように規則は作られた。公平性と秩序のためである。  学校ではどうだろう。学校は大きな集団であるが故、秩序のための校則が必要であるが、それ以前に学校は教育の場である。髪の長さ、色についての規則は、生徒の異質性を防ぐという校則から、日本の学校は協調性を教育しているのがわかる。対してインター校ではビーチサンダルの着用禁止など、場の適応性を教育している。  校則によって学校が何を目指しているのかがわかる。なぜその規則を守る必要があるのか、「規則だから」と簡単にまとめられては納得ができない。作られた目的や目指すものを理解できれば守る意義を見出せると思う。

「校則とは」

                                   

ISB G9 後藤舞衣

 

一年前に転入したタイのインター校で一年間過ごし一番驚いたのは日本の学校との校則の違いだ。日本で通っていた学校では髪が肩より伸びると結び、スカート丈は膝までという規定があり、髪の染色、装飾品を身につけるのは禁止されていた。  それに対し現在通っているインター校では髪を染めている生徒もおり、ピアスやチョーカーなどを身につけている。規則として決められているのはビーチサンダル、鼻のピアスの禁止などである。学校が違うと校則がこのように変わるのだと思った。  では規則とは何だろう。辞書には「規制、人の守るべき準則」とある。争いごとが起きないよう、問題を解決できるように規則は作られた。公平性と秩序のためである。  学校ではどうだろう。学校は大きな集団であるが故、秩序のための校則が必要であるが、それ以前に学校は教育の場である。髪の長さ、色についての規則は、生徒の異質性を防ぐという校則から、日本の学校は協調性を教育しているのがわかる。対してインター校ではビーチサンダルの着用禁止など、場の適応性を教育している。  校則によって学校が何を目指しているのかがわかる。なぜその規則を守る必要があるのか、「規則だから」と簡単にまとめられては納得ができない。作られた目的や目指すものを理解できれば守る意義を見出せると思う。

「校則とは」

                                   

ISB G9 後藤舞衣

 

一年前に転入したタイのインター校で一年間過ごし一番驚いたのは日本の学校との校則の違いだ。日本で通っていた学校では髪が肩より伸びると結び、スカート丈は膝までという規定があり、髪の染色、装飾品を身につけるのは禁止されていた。  それに対し現在通っているインター校では髪を染めている生徒もおり、ピアスやチョーカーなどを身につけている。規則として決められているのはビーチサンダル、鼻のピアスの禁止などである。学校が違うと校則がこのように変わるのだと思った。  では規則とは何だろう。辞書には「規制、人の守るべき準則」とある。争いごとが起きないよう、問題を解決できるように規則は作られた。公平性と秩序のためである。  学校ではどうだろう。学校は大きな集団であるが故、秩序のための校則が必要であるが、それ以前に学校は教育の場である。髪の長さ、色についての規則は、生徒の異質性を防ぐという校則から、日本の学校は協調性を教育しているのがわかる。対してインター校ではビーチサンダルの着用禁止など、場の適応性を教育している。  校則によって学校が何を目指しているのかがわかる。なぜその規則を守る必要があるのか、「規則だから」と簡単にまとめられては納得ができない。作られた目的や目指すものを理解できれば守る意義を見出せると思う。

「校則とは」

                                   

ISB G9 後藤舞衣

 

一年前に転入したタイのインター校で一年間過ごし一番驚いたのは日本の学校との校則の違いだ。日本で通っていた学校では髪が肩より伸びると結び、スカート丈は膝までという規定があり、髪の染色、装飾品を身につけるのは禁止されていた。  それに対し現在通っているインター校では髪を染めている生徒もおり、ピアスやチョーカーなどを身につけている。規則として決められているのはビーチサンダル、鼻のピアスの禁止などである。学校が違うと校則がこのように変わるのだと思った。  では規則とは何だろう。辞書には「規制、人の守るべき準則」とある。争いごとが起きないよう、問題を解決できるように規則は作られた。公平性と秩序のためである。  学校ではどうだろう。学校は大きな集団であるが故、秩序のための校則が必要であるが、それ以前に学校は教育の場である。髪の長さ、色についての規則は、生徒の異質性を防ぐという校則から、日本の学校は協調性を教育しているのがわかる。対してインター校ではビーチサンダルの着用禁止など、場の適応性を教育している。  校則によって学校が何を目指しているのかがわかる。なぜその規則を守る必要があるのか、「規則だから」と簡単にまとめられては納得ができない。作られた目的や目指すものを理解できれば守る意義を見出せると思う。